普通日記

2007年11月

家、決まりました。
家賃、予算ギリギリ。ってかちょっとオーバー。
3割にしたかった。3割5分。。。

でもステキな部屋。

4.5畳のキッチン、ガスコンロ2口、6畳の畳部屋の2階南向き。
築年数は長いけど、バス・トイレは一緒だけど、都心に近いわりには緑が多い。
鳥のさえずりが聞こえました。マイナスイオン出まくり。
一階にオーナーさんが住んでいるのがちょっと怖いけど、新しい家にワクワクですよ。

スーパーとコンビニ(711)が歩いて2分のところにあるの。
スーパーが近いって、もうこりゃ天下無敵よ。
仕事の帰りにスーパー寄りたい。で、平日でも料理する。
そんな生活が好き。一日一日にゆとりが欲しい。
日本もヨーロッパみたいに就労時間7.5時間にしよーよー

今の家には、友達を呼ぶことができなかったのだけど、
(遠すぎて来ずらかった。。。仕事も忙しくて。)
今度は皆が来易い場所だから是非来てね。
これから寒いし鍋やりましょう!突然でも歓迎!

来客用に布団を買おうかな~なんて思ってますよ。
こたつは買おうか迷っちゃうね。
皆でこたつに入って鍋をつつきたい。
でも、こたつはだらしない生活への入り口って感じだしなぁ。。。

仙台に日帰り旅行に行きました。
高校の頃の一番の友人と。
小学校の先生をやっている奴で、
高校の頃はバレー部のエースだった奴。
音楽の趣味が合うわけでもなく、
ただ部活が一緒だったっていうのが唯一の共通点なんだけど、
今でもときどき会ったりしてます。

1時間一緒に無言でいても自然でいられる仲です。
電話もメールも半年位繋がらなくても平気な仲です。

なんで仙台に行ったかというと
彼女が仙台に牛タン食べに行きたいって言い出したからです。
松島にも行って、美味しい寿司を食ってきました。


折角、有給なのに紅葉を観に行くとか、温泉に行くとか以外
旅行に行く気力が湧きません。海外とか、全然いいやって感じ。
あぁ佐渡には行きたいなぁ。
果たし無くずっと、日本海を見てたい。


送別会、4回もやってもらうことに。
後輩ら3人で。現場のパートらと。上司と。同地区の他店のマネージャーたちと。
たのし。


明日、新居探し。

昨日は現場の送別会でした。

なかなか良い席取りで楽しい飲み会でした。

激しい確執と自己主張の強い現場だったから、
席の配置でまずい雰囲気になったりします。
店に入って席に着くまでの少しの時間が勝負(笑)

悪口を散々言っていたかと思ったら、
本人が来た途端、別の話に切り替えて、それが上手いんだ。
傍から見て凄く笑える。笑える悪口だからまぁ良いけど。

「マネージャーはさ~本当は結局なんで辞めるの」
って聞かれた。正直一言では言えないけど、とても言いづらいよね。
一緒に飲んだり食べたりするだけだったら楽しいけど、
やっぱり熱いものがある私はあなた達と一緒に仕事を続けるのは限界です。
とは、言わなかったけどさ。なんとなくカッコイイこと言ってみたよ。
目標としているところととズレてきた、とか。
どこでも人付き合いの問題はあるというけど、
6~70代の人と医療施設と調理師と仕事をするという業界には
さようならしようと思いました。

手紙やら花やら贈り物を貰いました。
熱い言葉も頂きました。泣かれました。
正直複雑な気分。
自分は泣かれるほどの存在だったのでしょうか。

物件を探しに行きました。
大井町に行って見た。
初めて降りた駅。
初めての場所って、なんか嫌だね。
慣れれば平気なのかな。
でも、どっちにしても家賃が高すぎでダメでした。
駅を変えます。

担当してくれた不動産屋の女性が若い子で、
とてもテンパってました。
敬語はぐちゃぐちゃだったし、
説明はポイントずれてる感じで
挙句の果てに、部屋の前まで来て
鍵が開かなくて内見できなかった。
おいおいおよよ。頼りに出来ないなって。

夜は畠山美由紀のライブでした。
行くとき道をちょこっと間違えた。凹み。
座席は後ろから2番目でした。
隣の隣の隣くらいに昔好きだった人に似てる人がいました。
いや、本人かも知れない。わからん。
畠山美由紀が凄く好きだったんで本人かも。
ビビッた。6~7年も前の片思いの話なんで、
どうってことないけど。
帰りは寒かった。寒すぎだよ。
そして京成電車が停まって遠回り。
しょぼーん。

朝、出勤前にブログを書くのが好きです。
ブログなんか書いていたら遅刻だよっ感じなのに、
書きたいことが頭に思い浮かぶ。
夜じゃあ書きたい内容を忘れてしまうもん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は結構「熱い」らしい。「熱い」って熱血ってこと。
最後の会議で世話になった同期にちょっとした手紙を書いたんだけど、
「熱い手紙ありがとう」
って返事もらった。熱い手紙を書いたってこと、自分で自覚ないんだよね。
自分で自覚がないってことは、真の熱血マンなんだろうな。
「変人は自分が変人であることを理解していない。」って言うし。

今日は22歳と23歳の部下と飯。
3人だけっていうのは最初で最後だなぁ。
こういうときは奢るのか?
銀行に寄ってから行こう。

このページのトップヘ