普通日記

2010年12月

先週のことを書くと、月曜日は友達と恵比寿でご飯。
私の仕事先は、千葉県のわりと栄えていないところなので、恵比寿は久々の都心。
人多くて、服装がキラキラしてて、眩しい。
この半年、ずっとペタンコ靴ばかり、ヒールの靴を全然履いていないなぁって、
恵比寿の女性を見てしみじみした。

祝日23日は実家へ。祖父が肺の検査のために上京。顔を見せて、すぐ帰る。
新宿で旦那のクリスマスプレゼントを購入。グレーの雪柄のカーディガン。
新宿はいつものことだが凄い人。人に酔って帰宅後、激しい頭痛に襲われた。すぐに就寝。

24日朝、お腹がキリキリ痛む。胃がもたれてる。何でだろうか。
夜は六本木ヒルズとミッドタウンのイルミネーションを見た。
ヒルズから東京タワーが見えた。レインボーのライティングに人々騒ぐ。
クリスマスプレゼントにageteのネックレスを貰った。
夜、ご飯を食べたら、また腹痛が。夜中、腹痛で目が覚めた。

25日、腹の調子が優れない。
ジュースやプリン、ヨーグルトなど液状のものとゼリー状のものだけで過ごす。
夕方から、ミュージカル「マンマミーア」を汐留に観にいった。
別にミュージカルなんて、観たいと思ってなかったのだけど、
今までの人生で一回も観たこと無いから体験してみたいって旦那が。
絶対寝るだろうって思って止めたのに、勝手にチケット買っていたというわけで観にいった。
予想的中。
私はそれなりに楽しめたけど、旦那はウトウト。なんてこったい。
ミュージカルの後、カレッタ汐留のイルミネーションを観て帰宅。
街中はどこもかしこも、イルミネーションだらけだ。

食べるとお腹が痛くなるので、一日中我慢していたが、食べれないとなると、
やたら食べたくなる。なんだか知らんがチキンラーメンが食べたい~。

ネットしていたら、サマソニにレッチリとストロークスがヘッドライナーに決まったと!
来年はサマソニに行くのは止めて、祖父の家に行くことにしていたんだけど。

101226_1117~01
12月26日、ビオラが6つ目の花を咲かせた。

3つ目から6つ目の花はちょっと小ぶり。
(写真の右上の花が2つ目の花。
 一つ目の花はしおれたので摘み取りました。)
何でだろう。

肥料を与えたほうが良いのでしょうか。
ちなみに鉢は5号鉢。(ダイソー)







101226_1123~01
多肉植物の寄せ植え。夏に金町ヨーカドーで
各100円で購入したものを寄せ植えにした。

右上から時計回りに、
「乙女心」、「グリーンペット」、
「ロゲルシー」、「ブロンズ姫」。

買って早々、夏の日差しで葉焼けをしてしまい、
乙女心とブロンズ姫の下のほうの葉っぱが
無いです。




101226_1119~0101
これは「ネモフィラ」。水色の花が咲く。
見ごろは5月。

9月末に種を蒔き、鉢植え3つがベランダで
元気に育っている。

しかし、この頃の暖かさで・・・・
そのうち1鉢のネモフィラに、
なんとこの12月に蕾ができてしまった。

右の赤丸のところに蕾があります。
右下が拡大写真。




101226_1118~01蕾が少し青みがかってきてる。
今にも咲きそう。

蕾は全部で6個あった。


ちなみに、国営ひたち海浜公園には
この植物が一面に広がる丘があるらしい。
5月になったら観にいってみようかな。



街はすっかりクリスマスモード。
あちこちイルミネーションですね~、綺麗だわ。

うちのシクラメンは次々と花を咲かせてくれます。
ビオラは他の蕾が大きくなりました。
癒されます。

CDJの30日に行くことにしました。なんとなく旦那に着いて行く。
見るやつ 
  ↓↓↓
グループ魂
OKAMOTO'S
THE Mirras
モーモールルギャバン
斉藤和義

アメトークDVD3、5、6、を一気に見た。

洗濯やったり、布団を干したり、掃除機かけたりの日曜日午前中。
今日もいい天気だったので植物ちゃんたちが元気に成長してくれてる。
ビオラは種を30個近く蒔いたのに、結局発芽したのは1個だけでさ。
もう丁寧に丁寧に育てたよ。種まきの時期が遅かったので(9月24日)
年内に咲くことはないだろうなぁってあきらめていたんだけどさ、
「やったぁ~」って声上げちゃったよ。鉢植えに溢れんばかりの大きさに
成長してくれ~。これから5月までビオラの開花時期です。

さて、夕方からは亀有までチャリ跳ばして映画「ノルウェイの森」を見てきたよ。
良かった。かなり良かった。
ただ、小説と映画とでは、ちょっと内容が変わっていたように感じた。
私が小説を読んだのは、もう何年も前のことだからさ、
(確か学生の頃だったと思うので、もう10年位前かな)
単にストーリーを忘れてしまっただけかも知れないが。
小説で読んだときは、直子が自殺した理由が良く分からなかったし、
ワタナベの性格がイマイチ掴みきれてなかったような。

もう一度、「ノルウェイの森」を読みたいと思う。
きっと、あの頃読んだときとは違った視点で読めると思うし、
あの頃理解できなかったことが理解できると思う。
それは、映画を見たからってわけだけでなく年齢的なものもあるだろう。
逆に、共感できなくなってしまった箇所もあるんじゃないかと思うが。

ちなみに、文庫本の「ノルウェイの森」を持っていたのだけど、
前の会社の同僚に貸したまま私が会社を辞めてしまったので
手元にない。買いなおさなあかんな。


このページのトップヘ