12月6日の夜にいつもと違う感じの張り感。
「この張りは生まれそうな予感!」と思っていたら
深夜1時ごろ(・・・だったかな?)お腹の痛みが!
陣痛キターー!トイレに行くとおしるしだぁ!
微弱な陣痛がずっと続き、翌日7日午後に産院へ。
子宮口2センチなのでまだまだなんだけど、
まぁ入院しましょうとのこと。
「わぁお、いよいよだぁ」とちょっとの不安と大きな期待、
胸が躍ります。
しかし、そんな余裕ぶっこいていたのですが、陣痛ハンパねぇ。
生理痛の10ヶ月分って聞いていたけど、その通り。
あまりの痛さで吐きました。
旦那にも出産を実感してもらいたいと立ち会って貰ったんだけど
それを後悔するくらいの酷い顔をしてしまったよ、あまりの痛さでさ。
目の玉が超巨大化して、鼻の穴広げて、口は両端が下がって・・・・。

でも、長引きもせず、約7時間程度の分娩で
無事12月8日午前6時52分、男の子誕生!

生まれたときは涙涙の感動・・・と出産前は思っていたんだけど、
実際は・・・とにかく痛みと踏ん張ったときの疲れとでグッタリ。
頭真っ白、ほとんど何も考えられなかったわ。
生まれる瞬間は踏ん張り過ぎて脳みその血管切れると思った位でさ
まぁ、とにかく疲労困憊で事実を認識するのがやっと。
「あぁやっと終わったようだぁ・・・良かったぁ・・・子は無事か?」
って思った程度さ。涙なんか流れませんよ、実際。
出産直後は手足がガクガク武者震いして、その後は痺れ、
腰痛に、会陰切開部分の痛みと痔。
なんかねぇ、つわりとか妊娠中だけ大変なのかと思っていたら
お産が一番大変ね・・・舐めてたわ。

なーんて、今思い出しつつ書いているんだけど、
そんな痛みもすぐに忘れるのかなぁ。
かろうじて、まだ覚えているくらいかな。